中年専業主婦は何に悩んでいるのか?

投稿者: | 2月 18, 2019

「専業主婦は、働いていないから悩みがない」と考える人もいますが
決してそんなことはなく、専業主婦の数だけ悩みや不満は存在します。

むしろ専業主婦だからこそ、解決することが難しいという
非常に「ややこしい」問題は数多くあります。

専業主婦は、働いている人に比べて、「時間がある」ということは事実です。

しかし、それによって家事を中心に
「出来るはず」「1人でやって当たり前」という風潮もあります。

また、「暇」だと思われている風潮もあり
子育てをしながら働いている女性からは
ほとんど「妬み」のような感情を持って、見られている場合もあります。

そのため、夫婦共働きの家庭で行われているらしき
「家事分担」という制度がなく「家事は全て妻がやるもの」となっている
家庭は非常に多いことが現実です。

子供はいてもいなくても大変なもの

決して楽ではない家事ですが
これに育児が加わることによって、更にその大変さは増します。

場合によっては、仕事をしながら家事をするよりも
子育てをしながら、家事をこなすことの方が大変な場合もあります。

しかし、子供がいなかったらいなかったで
上記に挙げたような「働いている人・社会からの風」が強まります

子供がいることによって、肉体的・精神的な負担が増え
いないことによって、精神的な負担が更に増えるとも考えられます。

お金を稼げない不安

専業主婦の仕事は、時給・賃金で計算・評価されることはありません。

一説によると、年収700万円ほどの賃金に値するという
計算も存在しますが、実際に貰えることはありません。

そしてそれは、家計が苦しい状況ではより深刻になります。

「働きたいけど、働かしてくれない」

「でも正直家計が苦しい」という

非常にやっかいな悩みを持っている主婦も多いです。

「家計が苦しい」と漏らそうものなら
「だったら働けば?」という声も聞こえそうです。

「何をしたらいいのか分からない」という不安

「家にずっといる」という状況に置かれると
ふとした拍子に、社会から置き去りにされているというような
漠然とした不安にさいなまれることも多いと思います。

また「目的の無い毎日」に、抑うつ状態に陥る主婦も少なくありません。

「楽ではない」けど「物足りない」とおもうこともあり
そういった「モヤモヤ」を解消する解消する手段もなく
何だかんだと「理解してもえない」ストレスが溜まりがちな主婦は
現代、最も複雑な境遇であるとも考えられます